ホーム > コラム一覧 > 成人式中に振袖が着崩れしてきたらどうする?苦しくなってきたら?覚えておきたい対処法

2022.7.26

14 View

成人式中に振袖が着崩れしてきたらどうする?苦しくなってきたら?覚えておきたい対処法

新作トレンド!成人式振袖

成人式で着用する振袖は、着る機会が限られていることもありせっかくならきれいに着飾りたいですよね。

しかし着慣れていないからこそ、普段着と同じように扱うと気崩れてしまったり、ゆるんだとき「どうしよう?」と焦ったりしてしまうでしょう。

成人式を心から楽しむためにも、覚えておきたい情報をまとめてみました!

成人式の振袖が着崩れないようにするためには?

成人式の振袖は、とても美しく見ているだけで晴れやかな気持ちになりますよね。

しかし実際に着用してみると「案外難しい」「着ているうちにきれいな状態が崩れてきてしまう」ということもあるのではないでしょうか?

振袖は、着付けの段階でしっかりと着崩れを防止することが大切です。

当たり前のことではありますが、体型は一人ずつ違います。

そのため振袖を着用するときには、体型に合わせた補正が必要になります。

不慣れな人が着付けをすると、体型にぴったり合った調整ができず、ゆるすぎたりきつすぎたりしてしまう可能性があります。

結果、ゆるんだりはだけたりといったトラブルが起きやすい状態になってしまうので必ず慣れた人に着付けてもらうようにしましょう。

また、着崩れを防ぐには着付けのときに、腰紐をぎゅっと締めて、途中で緩んでしまわないように注意する必要があります。

さらに、着付け後の所作も着崩れに大きく関係します。

着付けをしたら、歩く、手を伸ばすなどの何気ない所作もできるだけ小さく、上品にするよう注意しましょう。

大股と言わずとも普段と同じような歩き方をしていると、自然と着崩れが起きやすくなってしまいます。

しかし、着物姿にふさわしいおしとやかな動きを意識すると、着崩れも防ぎやすく落ち着いた上品な印象になりますよ。

振袖姿の衿元がゆるんでしまったときには?

振袖を着用しているときに起こりやすい着崩れのパターンとして、時間が経つごとに衿元がゆるんでいく……というものが挙げられます。

着付けたばかりのタイミングでは、衿元がきしっとかっこよく見えるものです。

ところが時間が経つと、少しずつゆるんできていつのまにかゆとりのある状態になってしまいます。

特に腕を動かすようなしぐさ、大きく身体を動かす動作などをすると、衿元が着崩れやすくなります。

着崩れが気になったときには、脇の下の部分にある「身八つ口」と呼ばれる箇所から調整しましょう。

その部分には手を入れることができるため、そこから衿を引っ張るようにするとゆるんでしまった衿元もきれいになりますよ。

この部分から整えられるのは下前と呼ばれる部分ですが、続いておはしょりを少しだけ下に引っ張ってみましょう。

このように、どちらも軽く引っ張ることによってゆるんだ衿元もきれいな状態へ導けます。

背中や腰がゆるんできてしまったときには?

衿元と同様に、何気ない動作の中でゆるんでしまいがちなのが背中や腰の部分です。

背中や腰は、立つ、座るといった動作の中でも次第にゆるんできてしまいます。

さらに、自分では気付きにくいのも背中や腰の特徴です。

知らずしらずのうちに崩れてしまうことから、こまめに鏡で確認するなど注意してみましょう。

成人式なら、友達とこまめに確認し合うのもおすすめですよ。

ゆるんで不自然な状態になっているときには、背中側のおはしょりを軽く引いてみましょう。

すると、背中や腰部分のもたつきが解消します。

裾や帯が落ちてきてしまったときには?

ときには着崩れた拍子に、裾が下がってしまうこともあります。

その状態のままでいた場合には、歩くたびに裾を巻き込んで踏んでしまう可能性もあるでしょう。

とても危険ですから、裾が気になるときにはなるべく早めに対応しておきましょう。

直すときには、下がってしまった裾を上の方向へ引っ張ります。

そのまま、おはしょりの下へ入れ込み、後ろ側も同様にします。

鏡の前に真っすぐに立ってやると、きれいに調整しやすいですよ。

帯が落ちてきてしまったときには、帯の下に厚みを作ってあげることが大切です。

例えばミニタオルやタオルを小さく折り畳み、帯の下に入れましょう。

しっかり厚みを出せば、ゆるみが解消されます。

着物がきつくて苦しいときには?

成人式で慣れない振袖を着ていると、「苦しい」と感じてしまう人も多いものです。

お腹が苦しいと感じるのであれば、帯がややきつすぎるのかもしれません。

そのときには帯締めをゆるめるか、帯の中の紐をゆるめるかいずれかをして調整してみましょう。

しかしあまりゆるめすぎると着崩れにつながってしまう可能性もあるため、できれば着付けの段階で調整しておきたいものです。

もし着付けの段階で「苦しいかもしれない」と感じたのであれば、我慢せずに伝えるようにしてください。

まとめ

多くの人にとって、成人式は着慣れない振袖を着るはじめてのイベントとなるでしょう。

着崩れが気になったり、苦しくなったりすることもあると思いますが、対処法をきちんと覚えておけば安心です。

成人式サロンKiRARAでは衣装の用意はもちろんのこと当日のヘアメイクや着付も担当し、心地よい振袖姿の実現をサポートいたします!

最新カタログはこちら

成人式サロンKiRARA(振袖専門)

「成人式サロンKiRARA」は、日本初の成人式をトータルプロデュースするお店です。
成人式までの準備や当日の疑問点など成人式に関連する様々なコラムを皆様にお届けしております。
八千代店/新小岩ルミエール店/ルネこだいら駅前店/ブランチ茅ヶ崎店/青木島店/北砂店/新潟米山店

記事一覧

Shop List

店舗一覧

Column

コラム