ホーム > コラム一覧 > ぽっちゃり女子に似合う振袖の選び方!おすすめのカラーや柄&細見えを叶えるポイント

2023.9.11

23 View

ぽっちゃり女子に似合う振袖の選び方!おすすめのカラーや柄&細見えを叶えるポイント

新作トレンド!成人式振袖

振袖や和服について「スレンダーな人の方が似合う」という話を聞いたことがあるかもしれません。

そう聞くと「ぽっちゃりしていると振袖は似合わないのでは?」と不安になってしまいますよね。

ポイントを押さえれば魅力的な着こなしができますから、ぽっちゃり女子さん向けの振袖を着こなすコツを解説していきます。

ぽっちゃり女子に振袖は似合わない?

和服の特徴として「スレンダーな人の方が似合う」と言われているのを耳にしたことがありませんか?

これは、もともと和服が「身体の凹凸を潰して着るもの」だからです。

和服を着るとき、バストやヒップの膨らみに合わせて、ウエストなどのくびれにはタオルをかませることも少なくありません。

そのため、バストが大きいなどグラマラスな体型の方は自分らしい体型を活かして着こなすのが難しくなってしまうのです。

また、せっかくくびれなどがある人であっても、その部分にタオルを入れるなどして目立たなくしてしまいます。

太って見えやすくなることから、着膨れしてみえる服装として苦手意識を持つ人も多いのです。

しかし、ぽっちゃり女子が振袖を着こなせないかと言えば、そんなことはありません。

ぽっちゃり女子に似合う振袖の特徴を覚え、当てはまる振袖を意識して選び取れば、似合う振袖見つけることができるでしょう。

ぽっちゃり女子におすすめしたい振袖のカラー

ぽっちゃり女子が振袖を選ぶときには、振袖のカラーを意識しましょう。

色味は目の錯覚を引き起こし、同じ体型であっても「太って見える」「痩せて見える」といった印象の違いを演出します。

ぽっちゃり女子さんの場合は、暗めの色味や寒色系のカラーを意識的に選びましょう。

例えば黒やネイビー、グレーといったカラーは、体型を引き締めて見せてくれます。

ほっそりとした印象を引き立ててくれるでしょう。

しかし暗いカラーはお好みによっては「せっかくのお祝いのシーンなのに、地味な印象になりすぎない?」と感じてしまうかもしれません。

そのときには、ブルーやグリーンなどの明るさを感じさせてくれる寒色を選びましょう。

寒色かつ濃い色味であれば特に、すっきりとした印象を引き立ててくれます。

細身に見せてくれるので、体型が気になる人におすすめのカラーです。

反対に、避けるべきなのはホワイトやホワイトに近い、薄めのカラーです。

これらのカラーは「膨張色」と言われ、実際よりも太って見えてしまう色と言えます。

寒色を選ぶ時にも、ペールトーンのブルーやグリーンはなるべく避けるようにしましょう。

もちろん、パープルやピンク、レッドなどを選ぶ時にも、白に近い色よりも深みのある色を選ぶことを意識してください。

ぽっちゃり女子におすすめしたい振袖の柄

ぽっちゃり女子が振袖を選ぶ時には、柄の選び方にも注意しましょう。

おすすめしたいのは、なるべく大きめの柄が入った振袖です。

小花柄のように、柄そのものが小さく控えめなものは、体型が目立ちやすくなってしまいます。

そのため、ある程度大きな柄が入った振袖を選ぶようにしましょう。

また、ストライプ柄など縦に伸びる柄もおすすめです。

縦の柄は、身体を縦長に見せてくれる効果が期待できます。

体型が気になる人にとっては、ほっそりと痩せてみせてくれるありがたい柄と言えるでしょう。

熨斗文様などの定番柄でも、斜めや縦に柄が入っているものを意識して選んでください。

着付けの際にも工夫しよう

体型が気になる時には、振袖の着つけの仕方にも注目しましょう。

体型をカバーするためには、補正に使用するタオルや綿をつめすぎないよう注意しましょう。

補正しすぎると、どうしても太って見えてしまうのを避けられません。

特に、もともとバストの大きい人が胸元にタオルを入れすぎると、スタイルが良いというよりは単純に太って見えてしまいます。

バストの大きい人が振袖を着る時には、むしろバストを潰し、小さく見せるようにしましょう。

和装用ブラジャーなどのインナーを使用すれば、無理なくバストを目立たせないようにできますよ。

また、そのように工夫した着付けは非常に難しいので「節約して家庭で着付ける」のではなく、プロに着付けを頼むようにしましょう。

ぽっちゃり女子を美しく見せる写真撮影

体型をカバーしたいのなら、写真撮影の際カメラの真正面に立つことはやめましょう。

正面から向き合うと、どうしても身体の横幅が目立ってしまいます。

スマートに見せるためには、カメラに対してやや斜めに立つことを意識しましょう。

どちらかの肩を前、もう片方の肩が後ろに行くように、斜に構えることが大切です。

顔はしっかり正面を向くことで、きれいな姿を残せます。

このように、ぽっちゃり女子が振袖を着る時に意識したいことはたくさんありますが「一つひとつ、衣装屋さんやサロン、写真館に説明するのは抵抗がある」と感じるかもしれません。

体型を気にしていることはなるべく隠しながら、理想的な着付けを実現したいですよね。

そのためには、振袖選びや着付け、記念写真撮影などの一貫サービスを活用しましょう。

成人式サロンKiRARAは、振袖と小物のレンタル、着付け、写真撮影と振袖スタイルを楽しむためのサポートを幅広く行っています。

「こんな振袖が着たい」「こんな点が不安」といったご要望も、なんでもお聞かせください。

振袖のプロが、満足のいく振袖スタイルを実現できるよう精一杯サポートいたします。

まとめ

振袖をはじめとした和装は着方が特殊なため、ぽっちゃり女子は「太って見えてしまうのでは?」と不安を感じやすいですが、コツを押さえれば問題ありません。

引き締め効果のあるカラーや柄を意識するとともに、着付けの仕方や写真撮影の方法にも気を配りましょう。

振袖にまつわる不安やお悩みは、どんなに小さなことでも成人式サロンKiRARAにお聞かせください。

最新カタログはこちら

成人式サロンKiRARA(振袖専門)

「成人式サロンKiRARA」は、日本初の成人式をトータルプロデュースするお店です。
成人式までの準備や当日の疑問点など成人式に関連する様々なコラムを皆様にお届けしております。
八千代店/新小岩ルミエール店/ルネこだいら駅前店/ブランチ茅ヶ崎店/青木島店/北砂店/新潟米山店

記事一覧

Shop List

店舗一覧

Column

コラム